現行法律は不動産の相続がリスクとリターンを生成

現行法律では相続するとなるとすべてがその対象となってしまいます。つまり現金ももらえるけど他に要らないのまでもらう羽目になるのです。なので借金の額が多ければ現金が多くても泣く泣く放棄しなければならなくなるのはそのためです。お金持ちの場合は相続税対策をどうするかの話題で持ちきりとなります。その相続に関して大したお金がない一般市民でも大きな脅威になりえることがあります。それは不動産です。これは土地や建物がその対象となるのですが、一旦引き継いだらある意味ではハイリターンかもしれないしある意味では非常にハイリスクとなります。それは固定資産税の恐怖から簡単に逃げられないということです。そのまま引き続いて同じ場所に住めばある意味でハイリターンかもしれません。土地を買わずに済むからです。しかしそのロケーションが悪くて売れない土地で現在も将来も住む予定がない空き家ならば建物は解体すれば建物分の税金は要りませんが、土地分の税金は永久に売れる見込みがないままに永久に税金を払い続ける羽目になるのです。しかも放棄の時期は限られています。現行法律では過疎化が進む地域に関わる者ほどその脅威に悩まれるようにできているのです。

不動産の相続に関する手続き

不動産を相続することになった場合、手続きが必要になります。この手続きの仕方がよく分からなかったり、不安だったりする場合には、最寄りの役所に相談してみるといいかもしれません。親切な役所であれば、窓口でしっかりと方法を教えてくれます。もしくは、弁護士事務所に相談してみるというのも一つの方法です。不動産の相続は割と多くなってきており、特に現代の若者たちの間では未知の世界とも言えます。先祖代々、地主という家庭や親御さんが財産を築き上げていたという場合など、子どもの代でどうやって受け継いだらいいのか分からないという若者が増えてきているのです。このような場合、不動産の相続手続きをきちんと行うことで、富を築くこともできます。書類を作成することが主なことなので、必要書類を準備するアドバイスを受けることをお勧めします。

相続人が複数いる場合に不動産の名義変更で行うこと

もしも不動産を相続することになりましたら、やるべき事柄が幾つか発生致します。これは一名だけがその権利を有する場合と、二名以上の複数名が同時に権利を有している場合では多少異なってきます。基本的に最初に行うことは名義を書き換える作業ですが、権利を有する者が二名以上の場合では、その持ち分の割り合いを決める必要があります。例えば遺言状が存在せず相続人が二名の場合は、その不動産の持ち分を半々にするか、または一方を100%として、もう一方を0%と定めるなど、その割り合いを決める必要があります。その協議結果は書面にする必要があり、それが遺産分割協議書になります。この工程を先に行う理由は、不動産の名義変更時にはこの書面を添えて申請する必要があるからです。この為、複数名の相続人がおられる場合では、その名義変更におきまして重要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*