不動産を相続するということ

相続を行う際に不動産を受けるということもあるかもしれません。数人で相続をするともなれば、その管理も行う必要が出てくるので大変にはなります。中には現金化をして分配をする選択をする人もいます。不動産の扱いというのはかなり大変でもあるのです。活用をしてそこで得た収入を分配するという方法もあるのです。しかし利益を得ることが出来るのかどうか、ということはかなり難しいです。立地条件によっても利益が出るのかどうか、ということは変わってきてしまうのです。だからこそ専門業者に委託をして売却をしてもらうという方法を選択することが多いのです。売却をして得た現金も確定申告を行って、申請をしなければいけないので、かなり大変ではあるのです。運用をするにしてもリスクも考えて行ったほうが良いですし、そうすることによって活用方法も考えることが出来ます。

不動産の相続とトラブル

相続税の対象となる遺産は、現金、株、ゴルフ会員権などの有価証券、金、絵画、ビル、土地などの不動産になります。株などの有価証券その時点での金額で売却できるのですが、土地、建物などの不動産は資産価格と売却する時の価格が異なるのです。相続する人が複数人いたときがトラブルとなるのですが、相続税は資産を算定してそれに対する税金になるのですが、土地は分割すると資産価値は下がります。複数人で分割すると売却価格は下がりますし、まとめて売却しても売却価格は下がるのです。更に売却したことで税金がかかります。ですので、試算した時の価格が手元に入る訳ではありません。相続税を支払うことでマイナスになることはありませんが、実際に手元に残る金額としてはかなり少なくなるのです。遺産を相続する時には、あらかじめ資産を算定して、相続税対策が必要です。

相続税対策として不動産を購入

遺産相続を受け取る場合、相続税を支払う必要があります。現金だけでなく、不動産もその対象です。しかし、現金のまま相続するよりも、不動産に変えて受け取ることで節税になります。そのため、生前から対策として現金を不動産にかえておくという人も多いです。土地を買ったり、またマンションを買っておくこともおすすめです。すでに住まいがある人でも、人に貸すことで安定した収入を得ることができます。生前の内から、家族とよく話し合い、また専門の人にも相談しておくことが大事です。しかし、マンションを購入しても借り手がいなければそれは大きな損害にもなります。借り手が見つかるような、良い物件であることが重要であり、慌てて購入するのではなく、じっくりと検討して決めることが大切です。大切な人のために、良い方法を選択することが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*