不動産の相続で知ることができる様々なこと

普段から法務局に通ったり、土地や家屋の登記謄本などと接する機会がある人を除き、不動産の相続絡みでは色々なことを知る場合があります。これは特に司法書士事務所など、その手続きの専門筋に作業を依頼することなく自らの手で行った場合は、より顕著に知ることができます。例えばその不動産の登記謄本では一般的な住所とは別の、地番というものを見ることができます。そこではまた別の数字が並び、一般的な住所では六丁目ながら地番では5丁目であるなど、まるで見慣れない所在地を知ることができます。そして相続税の計算に必要な不動産の標準額も知ることができ、想像以上に低価格の価値であるなど、驚きの事実を知る場合もあります。また、所有権の移転で必須となる現時点の名義者の戸籍も遡って用意する必要がありますから、そこでも新しい発見ができる場合もあります。

不動産を相続するときには

不動産を相続するときには、なるべく税金がかからないような方法をとるほうがいいです。もうすぐしたら、法律が改正になって、普通の一戸建てを親から譲り受けるのも、税金がかかってしまうかもしれない可能性がでてきてます。この一戸建ての金額にもよりますね。評価がすごく高いものは、ちょっと税金がかかるかもしれないですね。でもそんなに大きいものでなかったら、多分大丈夫です。資産家で、多くの不動産があり、それを子供に譲るときは、贈与という形にして、生前にいろいろと分配しておくみたいです。1回に贈与出来る金額はきまっているので、少しずつになってくるのですが、毎年そうやってこまめに贈与して、税金対策をしている所もあります。それは資産家に限ったことで、一般市民ではそこまでするほどの不動産の心配はいらないです。知識としてしっておく事は必要です。

不動産の相続では誰が引き継ぐかを決める

自分自身の持ち物については購入などによって行います。購入することで所有権が移転することになるのです。契約書などによっても行われることがあります。しかし購入の行為や契約書だけでは認められない場合があります。それが不動産になります。こちらに関しては登記をして初めて所有権を主張することができるのです。もし相続をする場合、現在は亡くなった人の名義になっています。それを誰に引き継ぐのかを決める必要があります。こちらについては遺言などで何らかの取り決めがあるのであればそれに従う場合があります。書類が有効なものであるかどうかについては裁判所などに確認してもらう必要があります。遺言がないのであればお互いに話し合って決めることになります。その他にお金であったり、別の財産がある場合にはそちらを受けるなど決めていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*