それ程高く無いかも知れない不動産の相続税

不動産の相続となりますと、それなりに高額の税金が課税されるというイメージがありますが、現実的にはそれ程高額にならないことが一般的です。勿論これは個々のケースで千差万別でありますから、その敷地面積が広大な場合では、やはりそれなりの税金が課税されることがあります。しかしこの場合でありましても、その所在地域における一般的な土地の価格から計算される訳ではないことも確かです。相続税として課税される場合に用いられる土地などの価格は、業者や店舗で売買される店頭価格ではなく、また異なった課税標準価格が課税対象となるからです。通常この金額は一般的な店頭価格よりも、安めの金額が設定されています。その為、不動産屋で扱われている金額から比べますと比較的低い価格で課税されますから、予想以上に相続税が低い場合があります。

不動産を相続させる為に行う事

建物、土地の不動産を相続させるにはきっちりとした手順を組んで行われます。その時に行わなければならないのが相続人全員で話し合いをする遺産分割協議です。この遺産分割協議は必ずしも同じ時刻、同じ場所に集まって話し合いをしなくてはならない訳ではありません。都合が合えば直接の話し合いに越したことはありませんが、メールや電話でも構いません。また代表者を一人決めて、その方が提示した案に乗っ取り進めていくのも問題ありません。大切な事は後々のトラブルにならないよう双方が納得行く結果を出すことです。お互いが納得した上で次に行う事は遺産分割協議書の作成です。遺産分割協議書に書くことは2点あります。相続人全員で話し合いをしたと言う署名、家や土地などの不動産についてを書く時は証明書を書き写すと言う事です。どちらも間違いのないよう注意して作成して下さい。

不動産の相続税の税額を知りたい場合

不動産を相続することになった場合、何から手を付ければ良いのか、まるで見当が付かないことも珍しい話ではありません。この様な事柄は人生でもそう頻繁に行うことではありませんので、当然のことであります。しかしながら確実に気になる部分として、相続税の問題が脳裏に浮かぶことも挙げられます。もしも税額が自らの預貯金額などを上回った場合には、その土地などを売却するなどして、資金を準備しなければならない可能性も出てくるからです。しかしその相続税の金額は専門家に依頼致しませんでも、大まかな額を知ることができます。一番簡単な方法は毎年課税される最新の固定資産税の用紙を見ることで、そこには固定資産税の算出基準になる課税標準価格などが記載されています。その金額が相続した不動産の現在の価値であり、課税される対象価格になります。これにより、その額から計算すれば大まかな税額が分かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*