万が一交通事故を起こしたら弁護士に相談しよう

万が一交通事故を起こした際は、弁護士の先生に相談をしてみるといいでしょう。以前に人身事故を起こしたことがあるのですが、その時に、歩行者が横断歩道ではないところを横切ってきて車と接触してしまいました。警察の方なども来て、歩行者は全く悪くないような言い分で、全て車の責任のような事を言われました。それに納得できなくて弁護士の先生に相談をしました。すると先生は、とても親身になって相談にのってくれ、事故が起こった現場へ行ったりして、色々と調べてくれました。そして色々と調べた結果、しっかりと歩行者が横断歩道をわたっていなかった事なども立証してくれて、過失割合も歩行者が3割悪いということなりました。もし先生に相談していなければ、全て車の責任になっていたかもしれません。交通事故を起こしたら、弁護士に相談することが一番です。

弁護士が交通事故の当事者になったら

平日出勤のため、買い物のためと、外を出歩くことが多いですが、突然交通事故に遭ってしまうこともあります。その当事者の中に弁護士がいたらどうなるのでしょうか。加害者が弁護士の場合、その人が誠実であればまず謝ります。進んで非を詫びるでしょう。その後「でも支払う賠償金の額は法律ではこうなっていますので・・・」と法律を盾にしてちゃっかり賠償金を減額するでしょう。事が解決した後に相談料の請求がくるかもしれません。一方、被害者である場合は同じように法律を利用しますが、この場合は賠償金の水増しに使います。共通することはあまりにも理不尽な額にすると怪しまれるので、ほんの数%増減させるということです。交通事故には日頃から気をつけるべきです。もしも事故に巻き込まれたら、そして当事者が弁護士だったら、大変なことになるかもしれません。

交通事故は自分で解決せず、弁護士も選択肢です。

交通事故は自分で解決せず、弁護士も選択肢です。本当にそういうことなんです。どうしても自分が当事者になってしまうと、あわてて何をしたらいいのかわからなくなってくるんです。だから、第三者に頼むことが大事なんです。そのなかでも最強の存在といえるのが、弁護士だと思っているんです。弁護士はまさに、そういう存在ではないかと考えているんです。だから、自分自身の頼れる存在を普段から考えておくことが大事なんです。そういう存在が普段からあれば、イザというときに気にしなくてもいいんです。そういうことなんです。自分自身にそういう存在があるということで自信につながってくるんです。そういうことが逆に事故を抑制することにもなってくるんです。普段から自分の頼れる存在を決めていくことが大事なことなんです。そういうことが非常に大事になってくるんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*